ホーム > JIHYO BOOKS > 超高齢社会―日本のシナリオ(生き活きライフ第3弾)

超高齢社会―日本のシナリオ(生き活きライフ第3弾)

長寿を祝福できる明るい未来のために

定価:1,500円+税 総頁:258頁 ISBN:978-4-88339-215-5 平成27年3月発行
超高齢社会―日本のシナリオ(生き活きライフ第3弾)
定価:  1,500 円+税
注文数:   冊
総監修 東京大学特任教授   辻哲夫
元 厚生労働事務次官
監修 インターリスク総研 特別研究員 本田 茂樹
企画 日本能率協会コンサルティング 長崎 昇
日本はいま、75歳以上の人口が増え続けているのに対し、総人口は減少している。そのなかでわれわれが目指すべきは、安心して長寿を迎えられる共生の社会である。
お年寄りが笑って一生を終える社会システムを確立できるかどうか、いままさに国民全体が岐路に立っている。
主な掲載内容
  • 1.明るい超高齢社会の構築に向けて、いま国の一大転換点
  • 2.国の取り組み
    総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省
  • 3.先進自治体の取り組み
    新潟県三条市 國定市長、埼玉県和光市 松本市長
  • 4.関連団体の取り組み
    生団連、UR都市機構、HIP
  • 5.医療法人の取り組み
    健育会、元気会横浜病院、緑泉会
  • 6.先進企業の取り組み
    インターリスク総研、カナミックネットワーク、資生堂、タニタ、日本医療データセンター、日本政策投資銀行、ルネサンス